No Worries Diary ~メルボルンに越してはきたけれど~

ブログ引越しのお知らせ

leave a comment »

あまり更新のないブログではありますが、引越しのお知らせです。このwordpressは使いやすくて気に入っていたのですが、いろいろと制限が気になり始めたので・・・。

新しいアドレスはこちらです。バックナンバーとコメントは全て移しています。よろしければ、またお立ち寄り下さい。

Written by こみね

26/11/2009 at 5:36 pm

カテゴリー: ご挨拶

オーストラリアにはやかんがなかった!

leave a comment »

日本にいた頃は朝夕冷え込む季節になれば自然に麦茶を飲もうという気が失せていたように記憶しているが、メルボルンではなぜか冬でも平気で飲める。乾燥した気候のせいだろうか。そんなわけで、我が家では冷蔵庫に麦茶を年間通して常備するようになった。

麦茶を煮出すのに今までは手持ちの4ℓ鍋で済ませていたのだが、カレー等油っこいものや匂いのきついものを料理した後麦茶を作るのに同じ鍋を使うのが嫌になって、新たにやかんを購入することにした。

そして、今日キッチン専門店をいくつか渡り歩いた結果、普通のお店はいわゆるやかんを置いていないことに初めて気がついた。ショック!!電気ケトルならどこにでもあるのだが、あれは沸騰したら自動的に電源が切れてしまうため、ティーバッグを入れてから火にかけたまま3分間煮出すなどの作業ができない。こちらの人は紅茶を好むがあれは煮出す必要はない。なるほどやかんの出番はないわけだ。

中華系のお店に行けばアルミのやかんが見つかるのかもしれないが、使っているうちに平気で人体に悪影響のある物質がにじみ出てきそうで食指が動かない。

柳 宗理 ステンレス ケトル つや消し 311130

柳 宗理 ステンレス ケトル つや消し 311130
柳 宗理 レードル (おたま)M 柳 宗理 ミルクパン 蓋付き つや消し (16cm) 柳宗理 ステンレス・アルミ3層鋼 片手鍋 18cm つや消し 柳 宗理 ステンレストング 穴あき 柳 宗理 バタービーター (フライ返し)
by G-Tools

Written by こみね

18/11/2009 at 5:44 pm

カテゴリー: ショッピング, 食べ物, 文化

知らぬが仏

leave a comment »

先日我が家に届いたタウン誌をパラパラとめくっていた時、ランチボックスを紹介するページで目が止まった。

img010

こ、これは・・。

rice_bowl

ギャーッ!!!

ご飯に箸を差すことが日本のお葬式で見られる風習で、箸使いのタブーの一つだなんてことをオーストラリアの人が知るわきゃないのだが、それでもやはり驚いてしまったでござるよ、の巻。

グルメ以前の食事作法の常識―基本の知識216 (講談社の実用BOOK)

グルメ以前の食事作法の常識―基本の知識216 (講談社の実用BOOK)
接待以前の会食の常識 (講談社の実用BOOK) 恥をかかない洋食のマナーの手帳―早わかりガイド 「いただきます」を忘れた日本人 食べ方が磨く品性 (アスキー新書) 美しい食事のマナー―料理や会話のスマートな楽しみ方と気配り 箸づかいに自信がつく本―美しい箸作法は和の心
by G-Tools

Written by こみね

07/09/2009 at 12:20 am

カテゴリー: 食べ物, 文化

タグ:

ずっと言えなかったこと

with 2 comments

思わせぶりなタイトルで恐縮だが、日本という国を大切に思う皆さんにどうしても今言っておきたいことがある。私は元々魑魅魍魎の蠢く政治の世界には興味がなく、この事に気がついたのはつい一週間ほど前のことなのだが、以来胸の動悸が治まらない。長くなってしまうので結論から先に言うと、最近政界で

「外国人参政権」
「地方分権」
「移民1000万人受け入れ」

をそれぞれ実現させようという動きが民主党自民党の一部にあると聞くが、8月30日に予定されている衆議院議員選挙においてそれらの主張を持つ議員への投票を行うことは即ち

「日本が中国になる」

可能性を意味すると一人でも多くの人に知ってほしい、ということだ。

私はここまで気づくのに2年かかった。何があったかは以下。

******************************************************************************

今から2年前、メルボルンで暮らし始めて数ヶ月後のことだ。気分的にようやく落ち着いてきたので、家からトラムで5分の場所にある語学学校に通うことにした。

クラスは入学前の面接でレベル分けされ、1クラスにつき40名前後でその半数以上は中国人、その他は日本、台湾、韓国、インド、タイ、ミャンマー、ラオス、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、インドネシア、マレーシアのアジア系、ロシア、レバノン、マケドニア、ポーランド等のヨーロッパ系、リベリアからのアフリカ系が各1~3名ずつとてんでバラバラ。

それまで私は中国の人は日本のことを嫌っていると信じこんでいたので、「学校で誰かに絡まれることもあるかもしれないな」と身構えていた。ところが、私が日本人だと分かると中国人以外の人はもちろんの事、中国人も皆「日本のドラマが好き」「マンガが好き」「日本の化粧品を愛用している」「日本で食べた抹茶アイスがおいしかった」等好意的に話しかけてきた。ニコニコしながらノートに「木村拓哉」とか「酒井法子」とか書いてくれた。これには

「なんだ、中国人って感じいいじゃん」

とすっかり拍子抜けした。 そして、お互い不慣れな英語でのコミュニケーションに苦労しながらも久しぶりの学生生活を謳歌していた。

学校に通い始めて気づいたことだが、学校の最寄駅周辺を歩く人のうち9割はアジア人でその多くは中国系のようだった。商店街は中国語の看板であふれそこはまるっきり中国。オーストラリアに中国からの移民が多いことは知っていたが、改めてその現実を目のあたりにして驚いた。

そんなある日、事件は起こった。選択授業で一人別のクラスに行くことになった。いろいろなレベルのクラスから集まった生徒たちは面識のない人ばかり。

授業では英語とそれ以外の言語の語順の違いについて知ろうという主旨で、英語の例文の下に各国の生徒が それぞれの言語で対応する語句を色を分けて黒板に書いていた。その時日本人は私一人。場所が空いたので前に出て日本語で対応する文を黒板に書いていた時のこと。突然中国人グループのテーブルに座っていた30歳前後くらいの男性が

「日本で使っている漢字は中国から伝わったものだ!」

と大きな声を出した。すると、同じテーブルに座っていた他の20~30代の男女4人も

「そうだ!そうだ!」

と一斉に囃し立て始めた。 初老の女性の先生は突然の騒ぎに困惑顔で「本当なの?」と私に聞いてきた。私は「そうです」と答えた。

中国人グループは私に向かって「ヒッヒッヒ」としばらく嘲るように笑っていた。私は内心とても驚いていたのだが、なるべく表情を変えずにそのグループを見つめた。 他のクラスメート一同は異様な雰囲気に戸惑っているようだった。ほどなくしてグループは黙り騒ぎは収まったが

『・・・一体何なんだ、この人たちは』

という違和感はいつまでも私の心の中に強く残った。やはり中国人は日本人が嫌いだったのか?

その後学校生活を終えメルボルンで暮らす中でカフェや八百屋さん、コンビニ等のショップで中華系と思しき人と直接言葉を交わすことがあった。恐らく店員さん側は私が中国出身ではなく日本人(あるいは韓国人)だと察しがついているはずだが、だからと言ってあからさまに失礼な態度をとる人などいない。むしろ「君、日本人?」と嬉しそうに話しかけられることもある。

それと平行して、テレビやネットで中国人民軍によるチベットでの残虐非道なふるまい、北京五輪前の長野で行われた聖火リレーでチベット弾圧中止を訴えるため集まった活動家に対する大勢の中国人留学生たちのふるまい、そして最近では新疆ウイグル自治区での暴動のニュースを見てきた。

この2年間1対1で言葉を交わした中国人たちと、私をからかったグループ、ウイグル、長野の騒ぎでの中国人たちのイメージが重ならずずっとモヤモヤしていた。大勢集まるとつい気が大きくなって周りの見えない行動に出る集団心理は民族に関係なく働くものだが、それが他者への威嚇、時に暴力行為にまで及ぶのはなぜか。そして、一つの仮定が生まれた

――もしかして中国人の多くは内に相当の不満を溜め込んでいて、集団になると何かのきっかけでそれが爆発しやすい傾向があるのではないか。しかも、自分達の数の力をもって大騒ぎをすればある程度効果があることを理解しているのでは――

クラスメートから聞いた話によると、中国国内の暮らしは相当不自由を感じるもののようだった。インターネット閲覧に国の検閲が入るという話は有名だ。ある女性は信仰するキリスト系の宗教がらみで当局の家宅捜索を受けた話をしてくれた(勧誘も熱心にしてくれたが、丁重にお断りした)。

私はテニスファンで近年躍進著しい中国人女子プレーヤーの例を挙げると、つい最近まで選手はコーチや出場トーナメントを自分の意志で選べず、中国テニス協会の指示に従わなければペナルティを課せられたという。彼女達がプロに転向して数年経った昨年末、ようやく稼いだ賞金のうち7割を選手自身が受け取る権利を得たという報道もあった(それ以前はその半額だったとか)。ある選手の「国の命令がなければプロにはなっていなかった」と発言を目にしたこともある。

国からの縛りがきつい窮屈な日常の中で、外に違う世界があると思えば夢を見るのは必然。だからこそ、リスクを承知で多くの中国人が諸外国に流出しているのだろう。しかし、外国に出て自由を得たところで、その土地でもいつまで経っても外国人扱い。それどころか現地の人から疎まれるケースが圧倒的のようだ。中国系移民が多く暮らす国では今何が起きているのか。

リンク: 中国人「移民受け入れ」一考 博士の独り言.(カナダ・バンクーバーの例) ←時間がない人はこれだけでも読んでほしい
リンク: レコードチャイナ:移民問題の深刻なプラート、中国系住民を対象に治安強化へ―イタリア.(イタリア・プラートの例)

日本でも外国人受け入れが積極的に行われるようになれば、自国から近く、欧米的なものより馴染みやすいカルチャーが豊富で、漢字を使い、日常生活で容貌が周りから浮き立つことのない日本での生活に多くの中国人が自分の新天地を求めるのは想像に難くない。

同時に、私をからかった中国人グループの一件から見るに、心の底には日本に対して複雑な思いも抱えているようだ。中国の公教育の場で行われているという「反日教育」というもののせいだろうか。ちなみに「反日教育」とはWikipediaによると、

中国・韓国・北朝鮮における歴史教育に対し「第二次世界大戦における日本の侵略性、加害者性を過剰に強調し、これらの国が受けた被害を殊更強調する教育」をしているとして日本側が反日教育と呼ぶことがある。

最初にクラスメートとして出会っていたら彼らも普通に会話をしてくれたかもしれないが、お互い面識のない少数の日本人と中国人多数が一堂に会したとしたら、私が体験したのと同じような出来事は再び簡単に起こり得るのではないか。

日本で移民1000万人の受け入れが実現すれば、在日外国人の生活権利を巡り行政との間で何らかの摩擦が生まれることはまず間違いない。そんな状況下で長野の聖火リレーの時のように共産党から何らかの指令がきたとしたら?反日教育の成果のおかげで

「今の自分たちの生活が悪いのは日本人のせいだ!」

と集結した大勢の中国人が片手に棒を持って暴れだしたとしても、誰に命令されたわけでもないはずの中国人グループから(単なるからかいに過ぎないとは言え)攻撃を受けた身として私は驚かない。日本人の抵抗次第ではチベット、ウイグルで起きたように血みどろの大抗争になる可能性だって十分有り得る。

恐ろしいのは、最近にわかに「地方分権」も叫ばれ始めたことだ。「権限や財源を地方に移譲し、これによって地域の特性に即した”まちづくり”が可能になる」「国会議員の数が少なくて済む。国会議員の権力を弱めることができる」と聞けば何だか良いアイデアのようにも思われるが、果たして本当にそうか?

地方が政治の決定権を握るということは、今より少ない人数でその地域における重要なルールを決めてしまえるということだ。極端な話だが、ある選挙区の過半数が外国人だったとしたら?そして参政権を持っていたとしたら?数の力で何とかしてしまえるのなら、自分達に都合の良い方に法律を変えたくなるのが自然だろう。日本人ではなく流入してきた外国人が政治の決定権を握る地域。そこは最早「日本」と呼べるのだろうか?

外国人を1,000万人受け入れると、現在日本に在住する外国人約200万人と合わせてほぼ東京都の人口に匹敵する勢力が国内に生まれる。そして、1000万人の国籍の内訳は明らかにされていないが、地理的な観点でも世界の人口の割合から考えても、中国からの移民がかなりの割合を占めることになるだろう。

「これからやって来る外国人も現在日本で暮らしている外国人のように日本語を積極的に学び、日本の習慣に合わせる努力をそれなりにしてくれるはず。差別は良くない」と心優しい日本人は期待するかもしれない。

語学学校で私の見た限りでは、中国系の生徒は中国語を話す人間で一つのテーブルを固め、授業で発言する時以外はほとんど中国系同士で中国語を話していた。無理もない。日本人が周りにたくさんいたなら私だって日本人と日本語で話しただろう。わざわざ下手な英語でバックボーンの異なる他国出身の人間と話すより、母国語でやり取りする方がストレスが少なく会話が楽しいのだから。それでなくても慣れない外国生活でストレスがたまっているのに。

一斉に大量の中国人が日本に越してきたら、上記の語学学校と同じような状況になる。自分と同じ言葉を話す人間に大勢囲まれ一通りの用事が足りれば、どうして日本語などわざわざ勉強する必要があるのか。

日本で働いていた数年前、お兄さんが某府警の警察官をしているという同僚がいた。昼食をともにしながら彼女が

「兄の話だと、この頃外国人の犯罪がすごく増えてるらしいんですよね。このまま外国人が増えてったらどうなるんだろ・・・」

と話すのを、少子化で人口が減るため将来的には移民受け入れも止む無しとぼんやり考えていた私は、

「えー、でも、しょうがないんじゃないのー?人手が減るし」

と返した。あの頃の平和ボケしきった自分の暢気さを思い出しては呆れる。

メルボルンにはシティ中心部のチャイナタウンの他、郊外のBox Hill、Richmond、Springvale、Footscrayにベトナム系を含めて中国人が多く暮らす。どの街に出かけても「ここは本当にオーストラリアなのか」 と感じる。万が一日本で暮らす事になったとしても必ずや同じバイタリティを発揮するだろう。

が、これは日本の中にチャイナタウンが激増して「日帰りで行ける中国!本場の飲茶食べ放題バスツアーが6,800円!」で済む話ではない。日本が丸ごとチャイナタウン化する恐れが十分にあるのだ。そして、日本人の間で増 えすぎた外国人に対して排斥の動きでも起これば即座に数の力を持ってして日本を次のチベット、ウイグルに追い込むことだって有り得る。

個人レベルで話せば、中国の人もまた

「会計士の資格を取った後、自分は会計になんて全く興味がない事に気づいた」
「夫に『オレと結婚したならオレの母親も愛せ!』と怒られるが、自分にはそれが難しい」
「子供がオーストラリアの学校で勉強に付いていけるか心配」
「他の中国人みたいにコンビニや2ドルショップ(日本でいう100均)で働くのは嫌!」

等々私たちとそれほど変わらない悩みを持つ人たちなのだが、彼らが人間として尊重されるべき存在であることと、日本国内に大勢移り住んでいただくこととは話が別である。

縛りの厳しい自国での生活に疲れ、外国に出ても自国人同士で固まり、時に現地のルールを無視することから移民先の人間から警戒され、地球上のどこにも安住の地がない中国の人には同情しなくもない。

でも、お願いだから日本には来ないで。

王道の日本、覇道の中国、火道の米国

王道の日本、覇道の中国、火道の米国
日中の興亡 ジパング再来 大恐慌に一人勝ちする日本 中国経済・隠された危機 (Voice select) マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~ 高校生でもわかる日本経済のすごさ
by G-Tools

Written by こみね

17/07/2009 at 10:09 am

「NHK ニュース7」をオーストラリアで見る

leave a comment »

オーストラリアで暮らすようになって以降、日本に関する日本語の情報は大方ネットから得るしかなくなった。テレビからの情報は世界各地のニュースを放送する局SBSで月~土の朝5時20分から始まる「NHK ニュース7」だけだ。本来なら眠っている時間帯なのだが、ダーさんが仕事の都合で早起きなので一緒に起きてほぼ毎日見ている。

最近は衆議院解散の時期を巡るニュースが多い。政治のニュースは嫌いだ。政治家という人で人相のいい人はまずいない。画面にアップになると思わず目を背けたくなるような顔の多いこと。特に小沢一○、山○一太、福○瑞穂の顔が苦手だ。つまりは、政治家というのは顔が歪んでしまうくらい過酷な職業だということなのだろう。あと、鳩山由○夫はどうしていつも何かに怯えたような表情をしているのか。麻生首相も以前は口がひん曲がっているところが胡散臭いと思っていたのだが、麻生首相が外務大臣時代の平成19年「マンガ甲子園」出場者に寄せたメッセージを読んで氏に対する見方が一変した。

NHKが行った世論調査の結果の話になると、なぜかしらいつも心の中にモヤッとしたものが立ち上る。これは日本にいた頃から感じていたことだが、こういうテレビ局や新聞社のアンケートというのは実際に行われているのだろうか?そしてテレビ・新聞は正しくその結果を報道しているのだろうか?考えるのも恐ろしいことだが、会社側の一存で都合の良い数字に簡単に書き換えることだって可能なのではないか?あるいは、実際に行われていたとして誰に質問しているのか。本当に対象をランダムに選んでいるのか?どこかの地域や団体のメンバーや一定の年齢層に特定していたりしないのか?

こんな事を書くとテレビ局は「失礼な!」と怒るかもしれないが、実際視聴者には真実を確かめる術が全くないのだ。近年私の感じていることと調査結果のずれが大きくなり始めてからは、あまりこの数字を信用しなくなった。

スポーツコーナーになったらなったで、しょっちゅうゴルフの石川遼くんの話題が出てくるのが不思議だ。彼が優勝しても予選落ちしても逐一結果を知らされることになる。あの若さで国内優勝できる実力は認めるが、世界レベルで考えればテニスの錦織圭選手の方がよほど注目に値するアスリートだと思うのだが・・・。

しかも石川遼くんのプレーやインタビューの模様に入ると、豪では「放送権上の制約のため海外ではご覧いただけません」のメッセージとともに静止画に切り替わる。オリンピックやWBCのニュースなら理解できるが、どうして日本国内を主戦場とする10代ゴルファーの映像をそこまで制限する必要があるのか?この違和感はロシア人デュオ「t.A.T.u.」来日時の騒動を思い起こさせる。彼女たちが生放送をドタキャンするなど騒ぎを起こすのを、テレビのこちらは「別に興味ねえよ」と白けているあの感覚。

気象予報士の半井(なからい)さんは早口で抑揚がなく何を言っているのか聞き取りづらい。特に彼女が「名古屋から那覇です」と言う時、「那覇」の「な」にアクセントを置かず一気に言いきるのが気になる。いつも心の中で

『「古屋から覇です」だろうが!!』

と突っ込んでしまう。関係ないが、知人の2歳半の甥っ子は彼女がテレビに出てくると途端に画面に近寄っていくくらいのファンらしい。

そんな風に「ニュース7」を見ていると終始イライラし通しだ。そう言えば日本に住んでいた終わりの数年は地上波の番組をほとんど見てなかったっけ。

私にひとときの安らぎを与えてくれるのは武田真一アナと野村正育アナの柔らかな微笑と落ち着いた語り口調、そして番組終わりの動物、子供、地域のお祭りなどと伝えるほのぼのニュースだけだ。

NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
西村幸祐

NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
世界を愛した日本―勇気と誇りを与えてくれる、私たちの近現代史(OAK MOOK 284 撃論ムック) 日本人の歴史教科書 新世紀のビッグブラザーへ WiLL (マンスリーウィル) 2009年 08月号 [雑誌] SAPIO (サピオ) 2009年 7/8号 [雑誌]
by G-Tools

Written by こみね

11/07/2009 at 1:12 pm

カテゴリー: スポーツ, ニュース, TV

タグ:

脱力!妙な日本語Tシャツが豪人気ドラマに登場

with one comment

ここメルボルンで街を歩いていれば、日本語の文字が入ったTシャツを着ていたり漢字のタトゥーを彫っている人に出くわすことは全く珍しいことではない。越してきた当初は面白くていちいち反応していた私も、今やちょっとやそっとのものでは驚かなくなった。先日はスーパーのレジで私の前に並んだ男性の上腕に「福」の字を見つけたが、見事に裏表反転していた。世の中には知らない方がいい真実もある。黙ってやり過ごした。

そんなある日、かつてはあのカイリー・ミノーグも出演していた豪人気長寿ドラマ『Neighbours』で久々にインパクトのある日本語Tシャツを見た。ai_heiwa

あい平和と幸福――「あい」が敢えて(?)漢字でないところが気に入った。それにしても、このTシャツのデザイナーは”love, peace and happiness”くらいの意味で軽く考えていたのだろうが、日本語を理解できる者にとっては何とも間抜けなデザインだ。『Neighbours』はシリアスなドラマだけに可笑しさ倍増だった。

ところで、うちにあるWilsonのリュックには英文の刺繍が入っているのだが、「CARRYING BAG」となるべき部分が「CARRING」となっている。正直恥ずかしいのだが人様からの頂き物であるうえ結構丈夫で使い出があるため、『どうせ誰もこんな細かいところまで誰も見てやしないさ』と自分に思い込ませてメルボルンでも愛用していたのだが・・・。ある日トラムに乗っていると前に座ったカップルが私のリュック辺りを見て何やらコソコソ話し始めた。はっ?もしやこのスペルミスに気づいてる?!慌てて当該の字を手で隠した。

やはり字の間違いは理解できる人にとってはアホっぽさ倍増なのだ。笑えるのだ。人に見られる英語や漢字を書く時はひと手間を惜しまず辞書を引きましょう。

Japanese Writing Samurai Character Calligraphy Art Kanji Warrior Code Benevolence Adult Military Green T-Shirt

Japanese Writing Samurai Character Calligraphy Art Kanji Warrior Code Benevolence Adult Military Green T-Shirt
Japanese Writting Samurai Character Calligraphy Art Kanji Warrior Code Courage Adult Black T-Shirt
by G-Tools

Written by こみね

20/06/2009 at 5:56 pm

カテゴリー: 英語, TV, 文化

タグ: ,

寝つきを良くする方法

leave a comment »

子供の頃から寝付きが悪い。布団にもぐってから1時間、時には2時間以上眠れないこともざらだった。小さい頃ならそんな時は気分を変えるため枕持参で親の寝室に押しかけたりしていたが、ある程度成長してからはそういうわけにもいかず、社会人になってからは「早く眠らなくては明日が辛い」とあせる悪循環。

暖かい牛乳やワインを飲んでみたり、軽いストレッチをしてみたり、アロマポットで寝室をラベンダーの香りで満たしてみたり、クラシックを聴いてみたり、寝つきを良くするために役立つと言われることは一通り試してみたが、いずれも効果は今ひとつ。

というのも、どういうわけか目を閉じると決まって何かしら嫌な思い出が蘇ってくるのだ。それは昔の職場のお客から受けた理不尽な叱責だったり、今はもう顔を会わせることのない高校のクラスメートから「足が太いね」と言われたことだったりで、今となってはどうでもいい出来事ばかりなのだが、当時相手に言い返すことができず心の内で今も不満を燻らせているらしい記憶が次から次に蘇る。時には自分でもすっかり忘れていたような事を突然フッと思い出したりしてこれはこれで面白いのだが、我ながらよくこれだけ嫌な思い出ばかり忘れずに覚えていられるものだと感心する。英単語はいつまで経っても覚えられないのに。

そんな私とは対照的に、うちのダーさんは毎晩目を閉じてから数秒後にはスヤスヤ寝息を立て始める。その早さ、のび太のごとく。

ある日ダーさんに布団で目を閉じてから頭の中で何を考えているのか尋ねたところ、少し首を傾げて

「・・・楽しいことかな?」

と言う。なるほど。その発想は今までなかった。

教えを授かったその夜、早速眠りにつく際何か楽しいことを考えようと試みた。が、・・・はて、楽しいことって何だろう?えーっと、えーっと、いや、待って、何かあるはずだって。楽しいこと、楽しいこと・・・。あれ?もしかして、私って自分が楽しいと思うことが何か分からない!?・・・眠れない。

翌日、改めてダーさんに「ねえ、楽しいことって具体的にどんな事?」と尋ねたところ、

「えー?例えば、外を歩いてたら道路にお金が落ちてるのを見つけてラッキーとか、空から新聞が落ちてきて拾って読んでみたら面白い話があったりとか、駅に着いたら電車がちょうど来たとか・・・」

へー。そういう発想も今まで私にはなかった。

以来ベッドに入って目を閉じる度、スーパーに行くと欲しかった商品がちょうど安くなっていたり、知らない場所を歩いていて思いがけずおしゃれなカフェを見つけたり、何かラッキーな出来事が起こるイメージを描くよう努めてみたのだが、まもなくネタが尽きた。うーん。

仕方がないので、とにかく自分にプラスの感情が湧いてきそうな状況を思い浮かべてみた。始めはこれもなかなか思いつかなかったのだが、やがて、天気の良い日に芝生の丘に寝転がる、見晴らしの良い温泉に浸かる、海や満点の星空をボーッと眺める等、体がリラックスしているイメージを描くと効果があることを発見。

何だか青い鳥を探していたような気分ではあるが、嫌な思い出で頭の中を占められることはなくなった。これでいいのだ。


超音波アロマ加湿器 アロマポット ホワイト

超音波アロマ加湿器 アロマポット ホワイト
はじめてのアロマテラピー luminousplus   2段階圧力調整&圧力表示片手圧力鍋  3.5L sin SH04 浴室用プラネタリウム 「ホームスター スパ(HOMESTAR Spa)」 THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L バニラ JMY-500 VAN CASIO Ex-word XD-SFシリーズ タッチペン+SF用保護シート XD-PF3
by G-Tools

Written by こみね

11/06/2009 at 12:54 pm

カテゴリー: 生活, 健康

タグ:

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。